#森保解任|なぜサッカーファンは「監督解任」をすぐ要求するのか?【無知だから】

記事更新日: 2021/11/12

ライター: みつと先生

この記事の結論
  • 「#森保解任」がトレンドになるのはほとんどのサッカーファンが無知だから
  • 日本人に森保監督以上の監督はいない
  • あなたはファンですか?サポーターですか?

みつと先生

W杯予選、サッカー日本代表は苦戦中ですね…

格下相手の試合でも、ハラハラさせられます。

蹴球ギャル

そうね、でもこれがW杯予選じゃないかしら?

カンタンに勝ててもつまらないわ!

サッカーファンは「監督解任」をすぐに要求したがる

みつと先生

絶対に負けられない戦いの中、私は気になっていることがあります。

それは、Twitterで「#森保解任」がトレンドになることです。

 

 

蹴球ギャル

こんな言い方ひどいわ。

無責任すぎよ。

関連記事

【誹謗中傷バカ】日本サッカーが勝てないのはサポーターがバカだから|「批判的(クリティカル)」とは?

なぜサッカーファンは「#森保解任」を要求したがるのか?

SEICA

ていうか、なんでこんな誹謗中傷ができるのかしら?

だわ。

みつと先生

私は誹謗中傷を言う多くの人が無知だからではないかと考えています。

SEICA

無知って、キツく言うわねw

みつと先生

正直、そう言わざるを得ません。

その理由を解説していきます。

森保監督は本当に解任されるべきか

みつと先生

そもそも、森保監督は本当に「#森保解任」にふさわしいのでしょうか?

SEICA

たしかに。

それは考えておく必要がありそうね。

【#森保実績】日本人で森保監督ほどの名将はいない

みつと先生

森保監督はなぜ日本代表監督に選ばれたのでしょうか?

それは、当然実績を残したからです。

森保監督は、ここ十数年で岡田武史西野朗に続き日本人として代表監督に選ばれた“超有能”な人物です。

選ばれた理由は、彼が大きな実績を残したからです。

森保監督の実績▼
  • U19日本代表コーチ(2004)
  • 2012年にサンフレッチェ広島の監督に就任、2012、2013、2015にJリーグ年間優勝
  • U23日本代表監督(2017)
  • W杯ロシア大会日本代表コーチ(2018)
  • 日本代表監督(2018~現在)

みつと先生

サンフレッチェ広島での4年間で3回Jリーグ制覇は大きな実績です!

しかも、監督初就任で成し遂げたのです。

SEICA

この実績、ガチですごいわ!

奇跡じゃないことは明らかね。

日本人で森保監督以外にふさわしい人物はいるのか?

そもそも、日本人監督は経験不足です。

いや、日本サッカー自体が歴史が浅いのです。

SEICA

たしかに、Jリーグ発足=プロ化は1994年だからまだ30年経っていないし、

W杯初出場も1998年フランス大会だから、まだロシア大会で6回目だわ。

みつと先生

選手はやっと海外の名門クラブで活躍し始めましたが、監督はまだ数人*です。

*岡田武史や西野朗など。カンボジア代表監督の本田圭佑は日本での監督ライセンスなし

森保監督以上に大きな実績を残した日本人監督はいない

代表監督候補として、よく名前が挙がるのは

  • セルジオ越後
  • 風間八宏
  • 松木安太郎
  • 本田圭佑
  • 内田篤人

などがいます。

しかし、この中で森保監督以上に大きな実績を残している人物はいません。

みつと先生

日本サッカーへの貢献度を考えると、セルジオ越後はかなり有力です。

しかし、“辛口”解説と監督はまったく別物だと考えるべきです。

蹴球ギャル

日本人って、首相や監督などリーダーを雰囲気で決める傾向がある気がするわ。

本田圭佑はたしかにリーダーっぽいけど、カンボジア代表監督では大きな実績を残していないわ。

「#森保解任」と誹謗中傷するファンは無知!その理由

みつと先生

「#森保解任」と批判するファンのコメント見ていると、ほぼ誹謗中傷です。

森保監督を誹謗中傷しないで、自身の発言を批判的に見るべきです。

蹴球ギャル

ほんと、その通りだわ!

「#森保解任」と誹謗中傷するファンは無知である理由3つ

みつと先生

「#森保解任」と誹謗中傷するファンは無知である理由は以下3点です。

  • 日本サッカーの実力をわかっていない
  • サッカーの難しさをわかっていない
  • どうすれば文化・組織が強くなるのかわかっていない

理由1. 日本サッカーの実力をわかっていない

日本サッカーは、

  • 歴史が浅く、独自のプレーモデル*がない
  • 選手は世界に通用するが、世界的スターではない
  • 監督は経験が浅く、世界レベルを体感する機会も少ない

*“日本らしいサッカー”といった、国のサッカースタイル

という状態です。

みつと先生

たしかに日本サッカーはここ30年で急成長し、アジアのトップレベルになりました。

しかし、アジアの国々も急成長しています。

SEICA

アジア最終予選で当たる国って、ふつうに強いわよね。

数年前はもうちょっと余裕があったような…

理由2. サッカーの難しさをわかっていない

サッカーは得点がとりにくいスポーツで、難しいです。

大差がつくのは、

  • 世界的スターが複数いて、世界的名将が指揮する
  • 選手が退場など数的優位になる
  • キープレイヤーがケガなどで離脱し、戦術にならない

といった場合だけです。

SEICA

日本代表メンバーがほぼ海外組になったのはすごいわ!

ただ、たしかに世界的スターはまだいないわね。

みつと先生

日本代表は選手一人ひとりのレベルではアジアの中でトップです。

しかし、だからといってたくさん得点をとれるわけではないのです。

理由3. どうすれば文化・組織が強くなるのかわかっていない

みつと先生

文化・組織が強くなるために必要なことの一つは、人材育成=教育です。

日本サッカーの文化が発展したり、日本代表がチームとして強くなるためには、

  • 長い目で見て、
  • 目的・目標を目指しながら、
  • 人材育成

という長い目で見た方針・教育が必要です。

森保監督含む日本人監督は、世界レベルを体感する機会さえ少ないです。

今こそ日本サッカーはさまざまな挑戦し、研究し、もがくべき時なのです。

みつと先生

「#森保解任」など誹謗中傷するファンは、“みんなで日本サッカーを強くする”と長い目で見られないからこそ無知なのです。

SEICA

森保監督のひと試合の結果が悪くても、長い目で見て日本サッカーを強くするために貢献できていると思うべきだわ。

***

みつと先生

ただ自分本位で楽しんでいるだけのファン、日本サッカーの発展を考えて発言・行動するサポーター

あなたはどちらですか?

SEICA

あたしはサポーターとして森保ジャパン、日本サッカーを応援したいわ!

この記事に関連するラベル

ページトップへ